テプラテープが詰まった! カートリッジを分解して詰まりを外す。




もうすぐ新学期!ということで、いろいろ名前付けに忙しい日々です。
うちでは、ガーリーテプラが大活躍です。

先日お名前テープを作成中、「電池を交換してください」というテプラからのメッセージを無視し続けていたら(電池交換が面倒くさかったので)、印刷中に電源が落ちてしまいました。
さすがに…と思い、電池を交換して続きを印刷しようと思ったら、テープが出てこないのです。

開けて確認すると、下の写真の赤い矢印にところ、テープ送りのためのローラーに巻き取られていってしまっています。
(この写真は分解し始めてから慌てて撮ったものなので、本来カートリッジに貼られているラベルが既に剥がれています。白い長方形部分にラベルが貼ってありました)

皆さんは、「電池交換」のメッセージが出たら、面倒がらずに交換してください。

まだまだテープの残りもあったので、捨てるには惜しいと思い、分解して自力で何とかしてみることにしました。

テプラカートリッジを分解する

分解を始める前に、分解前や最中のカートリッジの写真を撮っておくことをお勧めします。
バネなどの細かい部品があり、蓋を外した拍子に外れたりするので、組み立てなおすとき参考にします。

蓋を外す

ラベルのカートリッジの合わせの部分にかかる所に切れ目を入れます。(私は剥がしてしましましたが(^_^;))

次に赤い矢印の2箇所に爪があるので、そこをマイナスドライバーなどで押して外します。

マイナスドライバーは「爪を押す用」と「隙間にねじ込む用」の2本あると便利です。
「隙間にねじ込む用」は、マイナスドライバーがない場合、カッターやハサミ、定規などの薄手で硬いものが使えます。

巻き込まれたテープを外す

今回巻き込まれたテープは赤い矢印の部分ですね。丸まったテープを外して、出口から出しておきます。
黄色い矢印の部分、分解前に格闘した際に緩んでしまった黒いリボンのところも整えます。
※この黒いリボンには今まで印刷したものが残っているので、処分するときは注意が必要ですね。

ローラー部分は外れやすいので、組み立てなおす際に外れないようそ~っと蓋をします。
爪もしっかりとはめてください。

カートリッジをガーリーテプラ本体にセットします。
改めて、印刷しなおしたところ、無事印刷できました。

テプラテープは、名前付けに便利

このガーリーテプラを購入したきっかけは、子供の保育園入園準備の名前付けに使うためでした。
持っていく洋服やタオルなどはもちろん、お道具箱のペン一本一本まで名前を付ける必要がありました。

洋服に付ける場合は、リボンカートリッジに名前を印刷して縫い付けてもいいですし、アイロンで付けられるアイロンラベルや転写テープもあります。

水に強いので、弁当箱やカトラリーなどにも貼り付けて使えます。

表面がツルツルしていると貼り付けられるので、傘や長靴、運動靴などにも付けられます。

テプラの使用済みカートリッジは回収し、再資源化またはリユース(再使用)によるゴミの減量化を図っています。
「テプラ」使用済みテープカートリッジ回収BOX設置店で回収しています。
※必要に応じて使用済みのインクリボンは手元で破棄してから回収に出していいそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です