ヨーグルトメーカーで鶏ハムを作ろう【ヨーグルトメーカー活用術】




「ヨーグルトメーカーを活用する!」ということで、今回は鶏ハムを作ってみることにしました。

お肉の低温調理をすると、鶏むね肉がパサパサにならずジューシーに仕上がるそうです。
そこで、シャトルシェフを使って作ったことがあります。
作り方は、ジップロックに入れた鶏むね肉を85度まで温めた湯と一緒に鍋に入れ、シャトルシェフにセットします。しばらく置いてお湯が冷めてきたら、再び85度まで温めてシャトルシェフに入れて…、ということを繰り返します。
この方法でもシャトルシェフの保温機能は優秀なので、かなりほったらかし状態で作ることができます。
ただ、本当に少しずつですが温度は下がっていくので、今何度になっているのか温めなおさなくていいのか気になってしまうことが欠点でした。

その点ヨーグルトメーカーであれば、設定した温度を保ち続けてくれます。温めなおす必要がなく、本当にほったらかしで調理することができるんです。
難点を上げるとするならば、ヨーグルトメーカーの設定可能な温度が65度までなことでしょう。ヨーグルトを作るには十分な温度設定なんですけどね。肉を調理するためのものではないですし(><)

かりん
メーカー付属の説明書・レシピ等、公式サイトなどにも肉の低温調理に関する記載はありません。メーカー推奨の使い方ではないことをあらかじめご了承ください。

材料(準備するもの)

鶏むね肉 … 約1㎏・3枚分
クレイジーソルト … 適量

ヨーグルトメーカー … クビンスのヨーグルト&チーズメーカー

かりん
私は味付けはクレイジーソルトだけです。表面にオリーブオイルを塗ると、よりしっとりします。

作り方

1.鶏むね肉を観音開きに切り開き、クレイジーソルトをふりかけ、よくなじませます。

※皮を取り除く場合は、この時点で取り除いてください。
鶏むね肉は室温に戻しておくと、この後に中まで熱を通しやすくなります。
塩の量は肉に対して約1%を目安に振りかけるといいと思います。
多少薄味になったとしても、出来上がったものにソースをかけてもいいので、はじめは少なめにして調節していくといいと思います。

2.均等な太さになるよう巻きます。

熱に火が均等に通るように円柱になるようにします。

3.それぞれラップで包み、ジップロックに入れます。
※ジップロックはイケアのものを使っています(安いから!)

複数本入れるので、それぞれラップで包んでいます。
オリーブオイルを使う場合は、ここでなじませて、そのまま包みます。
1本だけなら、ラップに包まず直接ジップロックに入れていいと思います。

4.容器に入れ、約65~70度の湯を入れます。
※沸かした湯と水で混ぜて温度を調整していきます。

かりん
1㎏ともなると、容器パンパンの量です(;´∀`)すべて湯につかるよう、容器いっぱいお湯を入れました。

5.容器を本体にセットし電源を入れ、温度65度、時間を10時間に設定しスイッチを入れます。
※設定可能な最高温度が65度なので、65度にしています。鶏むね肉が1㎏とたっぷりあり、中までしっかり熱を入れたいので、時間は長めの10時間にしました。

6.終了音が鳴ったら取り出し、出来上がりです。

出来上がり


3本とも輪切りにしました。この時、中が赤いなど少しでも気になった時は、そのまま電子レンジで温めてしまいます。

このまま食べてもおいしいですが、ハニーマスタードやバジルソースをつけて食べてもおいしいです。

時間はかかりますが、下ごしらえが済めば、あとはほったらかしで出来上がります。鶏むね肉が安売りすると、ついつい作ってしましますね。

 

この記事で紹介している調理方法は一例です。調理時間、食材の分量等はすべての環境で同様の結果になるものを保証するものではありません。あらかじめご了承ください。
 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です