【子供と料理】姫りんごで焼きりんごを作りました。




子供も3歳を過ぎ、お手伝いしたい料理がしたいと言うことも増えました。
せっかくなので何かないかな~とは思うけど、まだまだ任せきりにはできないし…。
玉ねぎの皮むきや、ホットケーキを一緒に混ぜたりしていたところに、姫りんごをいくつかいただく機会がありました。
せっかくなので、この姫りんごを使って、子供と一緒に焼きりんごを作りました。

材料・道具

★材料
・姫りんご … 好きなだけ
・砂糖 … 適量
・バター(orマーガリン) … 適量

★道具
・包丁
・ギザギザスプーン
・オーブン(orトースター)

包丁は100均の穴あき包丁。スプーンはりんごの芯をくり抜きやすいよう、ギザギザしているものを使用しています。マーガリンはチューブ型のものを使いました。

作り方

ざっくりとした作り方は下記のとおりです。

①りんごを洗って、縦に2つに切ります。
②ギザギザスプーンで芯を丸く、くり抜きます。
③くり抜いた穴に砂糖とバターを入れます。
④鉄板にクッキングシートを敷いて③を載せ、オーブンで加熱します。
(180度で15~20分。途中で様子を見つつ)

予熱してからのほうが、おいしく仕上がるかもしれませんが、予熱なしでも充分おいしかったです。
りんごを加熱するだけでも充分おいしいので、砂糖などの材料はあまり気にせず作れるのがいいところ。
クッキングシートがなければアルミホイルでもいいのですが、たれた汁はクッキングシートのほうが取り外しやすいです。

①まず子供に包丁を握らせ、その上から手を添えて切ります。
(へたを付けたままにしておくと、見た目にもかわいらしいです。)
②この工程は基本最初は子供にお任せで、仕上げに芯をきれいにくり抜きなおします。
(とはいえ実際には種をほじくっただけの状態にしかならなかったので、私のほうでしっかりとくり抜きました。)
③チューブ型のマーガリンを使用したので、一緒に絞り作業ができてよかったです。
④加熱しすぎにだけは注意して、時々様子を見ます。

終わりに

作業工程も少なく1時間以内にできて、おすすめです。
また姫りんごをもらうことがあったら作りたいと思いました。
次回作るときは、加熱時間や温度を調整して、見た目をもっとおいしくなるようにしたいと思いました。(写真を見返してみて)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です